写真 歴史

写真の歴史

写真の歴史「TOPページ」へ

写真の歴史は、撮影された写真作品そのものの歴史のみならず、カメラなどの機材や撮影等の技術に関する歴史も含まれます。

写真の歴史

写真史とは、写真の歴史および写真に関連する歴史のこと。撮影された写真作品そのものの歴史のみならず、カメラなどの機材や撮影等の技術に関する歴史も含まれる。

写真の歴史については、西洋と東洋において、絵画や彫刻のような著しい差はありません。その理由は、現在の意味における写真の始まりが、たかだか19世紀であり、その歴史が短いため、洋の東西で大きな差異が生じなかったこと(20世紀以降は、通信手段の高度な発達により、特に先進国間においては、文化状況に差異が生じにくくなっている)が原因に挙げられる。また、日本の場合には、写真はまさに「輸入」した表現手段で、西洋の写真の「まね」から始まったという経緯も深く関係している。

なお、現在の意味における「写真」の前史として、カメラ・オブスキュラや影絵等を挙げる考え方もある。

Wikipediaより出典 - Article - History - License: GFDL

写真の歴史トップページへ

サイトマップ

■写真の歴史 メインカテゴリ

写真の発明 カメラ発明と化学研究の歴史 世界の写真の歴史 日本の写真の歴史 写真の年表 リンクについて このサイトについて
       

■写真の歴史 サブカテゴリ

写真の現像について 写真のフィルムについて 写真のレンズについて

■Bookmarks

アウトレットモール 野球プロ事典 グアム観光ナビ 富士急ハイランド